WORLD SAUNA FORUM2018 参加レポート

2018.09.27~09.28にフィンランド・ユバスキュラにて、WORLD SAUNA FORUMが開催されました。
このイベントのパネルディスカッションに日本のサウナメーカーの代表としてメトスが招待されました。
各国のパネリストにはHarviaやTyloHeloのCEOやフランスのサウナコンサルタントなど、豪華な顔ぶれ。
メトスからは代表取締役社長の吉永昌一郎(以下、ショウ吉永)とサウナソッピの運営マネージャーの佐藤えみの2名がパネリストとして参加しました。
(写真)会場入り口付近から大盛況

会場では参加各社との顔合わせを行った後に、フォーラムに参加しました。
フォーラムには200名を超える来場者があり、フィンランド人のサウナへのこだわりが感じられました。
私たちが登場したのは、フォーラムの最後にパネルディスカッションのコーナー。
他のパネリストや聴衆の方たちも、日本の温浴ビジネスに興味深い様子。特にTV付サウナや岩盤浴についてはショウ吉永の紹介の仕方もあり、会場内が笑いの渦に。

(写真)パネルディスカッションの風景 一番左がショウ吉永、佐藤エミ

また、今後のメトスのフィンランド企業との関わり方について、ショウ吉永より、ビジネスだけでなく、一緒に新たなサウナトレンドを創造していくことを宣言し、会場から拍手が沸き起こりました。
(写真)パネリストを見る最前列の観客。後ろには200人くらいの観客がいました。

フォーラム終了後には、サウナ体験会が開催されました。
会場にはいろいろなポップアップサウナがあり、みんなアウトドアでビールを飲んだりしながら、新しいサウナを興味深くみていました。

SavottaのPARTY、BoatSauna社のログサウナ2種、Narviの仮設サウナ、クリスマスサウナ、ハルビアのトレーラーサウナなどなど

天気も良く、みんなが楽しめるサウナ日和でした。

.
.
また一つ、日本とフィンランドのサウナが近づいたイベントでした。
以上
2018.10.03執筆